平成20年設計課題

  平成20年一級建築士 設計製図の課題 <<< 前のページに戻る

「ビジネスホテルとフィットネスクラブからなる複合施設」について 7/26

平成20年一級建築士「設計製図の試験」設計課題が発表されました。「ビジネスホテルとフィットネスクラブからなる複合施設」です。フィットネスクラブというキーワードを検索すると、ストレスやメタボリックシンドローム等の問題などが見えてきます。

Custom Search

過去に出題された設計条件を参考に今年の課題を考察してみました。

設計主旨について

課題の最初に記載される最も重要な設計条件として、ビジネスホテル部門及びフィットネスクラブ部門・管理部門などの適切なゾーニングと動線計画、環境負荷低減、防犯、自然採光、周辺環境への配慮、緑化、アプローチ制限などが考えられます。

<敷地及び周辺条件>
それぞれの道路から主アプローチ、従アプローチを考慮した計画を行うことが大切です。今年の課題でも東西南北の接道が想定でき、多様なパターンが考えられます。周辺条件も様々考えられますが、隣地に静寂を要する住宅や病院などがある場合には十分な配慮が必要です。

<建築物>
延べ面積は各部門の規模により異なりますが、2000uから5000u程度が考えられます。構造(構造種別は自由とする)及び設備(空気調和・衛生設備、電気設備、エレベーター)について適切に計画する。昨年はこの文言で問われました。構造や設備についても様々なパターンが想定できるため、明確に試されることになりそうです。

<その他の施設等>
施設利用者用・サービス用の駐車スペース、駐輪スペースが考えられえます。また、敷地内にまとまった広さのオープンスペースやコミュニティ広場が要求されることも十分考えられます。

<所要室>
ビジネスホテル部門では、ロビー、宿泊室、レストラン、OAルーム、リネン室などが想定できます。また、フィットネスクラブ部門は、屋内プール、トレーニングルーム、フィットネススタジオ、サウナ室、シャワー室、更衣室等があります。それぞれの室機能を理解し、管理部門を含めた動線を考慮した計画ができるようになることが大切です。

<要求図面>
近年の出題は、1階平面図兼配置図(1/200)、2階平面図(1/200)、各階平面図(1/200)、断面図(1/200)、面積表という構成が多いですが、立面図や設計主旨が要求される場合もあり練習しておく必要があります。

<計画の要点>
建築計画について特に配慮したこと。構造計画について採用した構造種別。建築物の環境負荷低減について。設備計画について採用した空調方式。これらについて計画の要点記述を求めらることも有ります。
類似課題

建物全体の面積構成や所要室の要求など、参考にできることも多いため類似課題の概要を示しておきます。

 平成16年の課題概要 「宿泊機能のある「ものつくり」体験施設」
敷地 52m×38m 1976m2 北側道路(幅員12m) 南側遊歩道(幅員3m) 
延べ面積 2200m2以上2600m2以下
屋外施設 ものつくりプラザ、屋外自由通路、駐車場:車いす用2台・サービス用2台、駐輪場:10台、ごみ置場
所要室 ものつくり体験部門 展示ホール、木工工房、機織工房、陶芸工房、講師控室、研修室、更衣室、倉庫(1)
宿泊部門 宿泊室、ラウンジ、リネン室、倉庫(2)
共用・管理部門 レストラン、浴室、エントランスホール、管理事務室、職員控室、宿直室、便所、荷解き室、電気・機械室
要求図面 1階平面図兼配置図(1/200)、2階平面図(1/200)、3階平面図(1/200)、断面図(1/200)、面積表

 平成14年の課題概要 「屋内プールのあるコミュニティ施設」
敷地 52m×38m 1976m2 東側道路(幅員15m) 北側道路(幅員15m) 
延べ面積 2300m2以上2800m2以下
屋外施設 屋上庭園、駐車場:車いす用2台・サービス用2台、駐輪場:20台、ごみ置場
所要室 生涯学習部門 教室、図書室、和室、浴室、講師控室、パントリー
スポーツ施設部門 プール室、監視室、トレーニングルーム、エアロビクススタジオ、更衣室、ラウンジ、指導員室、器具庫
その他 レストラン、プール観覧用ギャラリー、エントランスホール、エレベーターホール、事務室、医務室、倉庫、便所、電気・機械室
要求図面 1階平面図兼配置図(1/200)、2階平面図(1/200)、3階平面図(1/200)、断面図(1/200)、面積表

 平成8年の課題概要 「景勝地に建つ研修所」
敷地 45m×45m 2025m2 北側道路(幅員10m) 南傾斜高低差4m
延べ面積 1500m2以上2000m2以下
屋外施設 野外パーティ(バーベキュー等)のできるスペース、駐車場(研修者用2台、サービス用1台)
所要室 宿泊部門 宿泊室16室(洋室2人部屋・約20u/1室(間口の幅3m以上、バス・トイレ付き)、講師用宿泊室(バス・トイレ付き)、リネン室
研修部門 研修室(大)、研修室(小)、講師控室、資料室
管理・サービス部門 食堂、厨房、浴室(大)、浴室(小)、管理事務室、管理人室、従業員更衣室、洗濯・乾燥室
その他 エントランスホール、ラウンジ、機械室、倉庫、便所
要求図面 地上1階平面図兼北側配置図(1/200)、地下1階平面図兼南側(1/200)、地上2階平面図(1/200)、断面図(1/200)、面積表

<<< 前のページに戻る









Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.