TOP 成績一覧


構造15鉄骨構造2 攻略のポイント

溶接では、すみ肉溶接・突合せ溶接など種類と、のど厚・サイズ・スカラップ・エンドタブ等の用語を覚えてください。さらに、溶接継目に生じる応力度の求め方も学んでください。

高力ボルト接合は、引張強さの大きなボルトにより鋼材を締付け、鋼材間の摩擦力により応力を伝達するものです。設計ボルト張力やすべり係数等の用語を理解し、接合部の許容せん断耐力の求め方も確認してください。鉄骨構造においても法規、施工と同時に取り組むことで、より効率よく学習できます。

解答に当たっては、誤っている記述は×、誤っていない記述は○にチェックして下さい。


★ 構造15 鉄骨構造2
WEB問題開始 一級建築士「学科の試験」合格をめざして!
難易度:★★★
出題数:30問 挑戦者:3291人 構造15 鉄骨構造2
問題数:30問 合格者:244人
合格点:100%以上 正答率:78.8%
成績一覧 正答率一覧


関連コンテンツ
 TOP 成績一覧
Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.