TOP 成績一覧


法規05採光・換気 攻略のポイント

採光に有効な部分の面積は、その居室の床面積に対して、住宅にあっては1/7以上、その他の建築物にあっては1/5から1/10までの間において政令で定める割合以上としなければなりません。(法第28条)この採光に有効な部分の面積の算定にあたり、用途地域により異なる採光補正係数算定式を頭にいれ、開口部の位置や隣地境界線までの水平距離等の条件から、実際に数値が導き出せるよう練習してください。

換気については、換気設備を必ず設けなければならない建築物、火気使用室、換気無窓の居室などを整理しておきましょう。
採光・換気に関する規定は、条文だけでは分かり難いので、参考書などの図表を併用し理解するようにしましょう。


★ 法規05 採光・換気
WEB問題開始 二級建築士「学科の試験」合格をめざして!
難易度:★★★
出題数:27問 挑戦者:1480人 法規05 採光・換気
問題数:27問 合格者:21人
合格点:100%以上 正答率:67.9%
成績一覧 正答率一覧


関連コンテンツ
TOP 成績一覧
Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.