TOP 成績一覧


法規20建築物の高さ 攻略のポイント

建築物の高さ制限については、以下の各制限を用途地域と関連させ、整理してください。

●一種・二種低層住居地域内の絶対高さ(法55条)
●道路斜線制限(法56条1項一号)
●隣地斜線制限(法第56条第1項二号)
●北側斜線制限(法56条1項3号)
●日影規制(法第56条の2)

道路斜線制限では、前面道路から建築物が後退した場合、前面道路が2以上ある場合、道路の反対側に公園などがある場合、道路との高低差がある場合について具体的に学んでください。

日影規制については、規制対象区域、対象建築物、日影測定面の高さ、規制時間を法第56条の2・法別表第4から読み取れるよう練習してください。また、平均地盤面からの高さ、対象区域内に日影を生じさせる場合、敷地が幅員10mを超える道路に接する場合などに留意し学習してください。


★ 法規20建築物の高さ
WEB問題開始 二級建築士「学科の試験」合格をめざして!
難易度:★★★
出題数:30問 挑戦者:296人 法規20建築物の高さ
問題数:30問 合格者:3人
合格点:100%以上 正答率:65.8%
成績一覧 正答率一覧


関連コンテンツ
TOP 成績一覧
Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.