TOP 成績一覧


構造08応力度 攻略のポイント

部材に軸方向力、せん断力、曲げモーメントが作用する場合に、部材断面の単位面積あたりに生じる応力を応力度といい、それぞれ次式により表されます。

●垂直応力度=N/A (N:軸方向力 A:断面積)
●せん断応力度=Q/A (Q:せん断力 A:断面積)
●曲げ応力度=M/Z (M:曲げモーメント Z:断面係数)

上記のうち試験では、最大曲げ応力度に関する問題が多く出題されています。公式を覚え、数多くの問題に取り組んでください。


★ 構造08応力度
WEB問題開始 二級建築士「学科の試験」合格をめざして!
難易度:★★★
出題数:6問 挑戦者:1128人 構造08応力度
問題数:6問 合格者:61人
合格点:100%以上 正答率:58.5%
成績一覧 正答率一覧


関連コンテンツ
 TOP 成績一覧
Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.