TOP 成績一覧


構造12鉄筋コンクリート造(構造設計) 攻略のポイント

鉄筋コンクリート造は、引張強度が大きな鉄筋と引張りに対しては非常に弱いが圧縮強度が大きなコンクリートを一体的に造ることで、剛性が大きく、耐火性・耐久性に優れた構造体になります。ここでは鉄筋コンクリート造の特性と構造設計の留意点、建築基準法や鉄筋コンクリート構造計算基準による構造上の基準を中心に学習してください。

ラーメン構造の柱・梁について次の基本的な数値を確認してください。
●柱の間隔は一般に6〜7m程度。
●柱の小径は構造耐力上主要な支点間の距離の1/15以上。
●梁成(はりせい)は一般にスパンの1/10程度。


★ 構造12鉄筋コンクリート構造(構造設計)
WEB問題開始 二級建築士「学科の試験」合格をめざして!
難易度:★★★
出題数:30問 挑戦者:811人 構造12鉄筋コンクリート構造(構造設計)
問題数:30問 合格者:38人
合格点:100%以上 正答率:81.2%
成績一覧 正答率一覧


関連コンテンツ
 TOP 成績一覧
Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.