TOP 成績一覧


構造13鉄筋コンクリート造(配筋) 攻略のポイント

ここでは鉄筋コンクリート造の配筋について学習してください。柱の帯筋比、はりのあばら筋比等の鉄筋比制限を確認し、仕口・継手や定着長さなど鉄筋の配置について、学科2法規、学科4施工の問題も参照しながら整理してください。

●柱の帯筋比 Pは、次式により求まりますが、問題を通して具体的な柱断面において確認してください。
  P=一組の帯筋断面積(2a)/柱幅(b)×帯筋間隔(x)
●荷重を受ける鉄筋コンクリート造のはりにおける主筋の位置は、基本的に曲げモーメント図の引張側に配置することを模式図により確認してください。



★ 構造13 鉄筋コンクリート構造(配筋)
WEB問題開始 二級建築士「学科の試験」合格をめざして!
難易度:★★★
出題数:30問 挑戦者:981人 構造13 鉄筋コンクリート構造(配筋)
問題数:30問 合格者:34人
合格点:100%以上 正答率:76.4%
成績一覧 正答率一覧


関連コンテンツ
 TOP 成績一覧
Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.