TOP 成績一覧


施工17建具・ガラス工事 攻略のポイント

木製建具、アルミニウム製建具、鋼製建具、また、ガラスの施工上の留意点を確認してください。次に示した記述は出題頻度が多いので確実に覚えてください。

●障子・襖類は立てかけて保管し、ガラス戸・板戸・格子戸は立てかけ又は平積み、フラッシュ戸は平積みとする。
●丁番は、建具の高さ2.0m未満の場合は2枚吊りとし、2.0m以上2.4m以内の場合は3枚吊りとする。
●木製建具の含水率は天然乾燥材で18%以下、人工乾燥材で15%以下とする。
●アルミニウムはアルカリに弱いため、コンクリートに接する部分は、絶縁処理をする。
●外部に面する複層・合わせ・網入り・線入りガラスをはめ込む下端ガラス溝には、径6mmの排水用水抜き孔を2箇所以上設ける。


★ 施工17建具・ガラス工事
WEB問題開始 二級建築士「学科の試験」合格をめざして!
難易度:★★★
出題数:30問 挑戦者:1663人 施工17建具・ガラス工事
問題数:30問 合格者:83人
合格点:100%以上 正答率:81.9%
成績一覧 正答率一覧


関連コンテンツ
 TOP 成績一覧
Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.