TOP 成績一覧


施工20設備工事 攻略のポイント

設備工事についても広い範囲ですが、給排水衛生設備、電気設備、ガス設備、換気設備など一般住宅に必要な設備工事を中心に学習してください。出題頻度が多い内容を記載しておきます。

●給水と排水の埋設配管の水平距離は50cm以上とし、給水管が上方になるよう設置する。
●屋外配水管の主管の勾配は、1/100以上とする。
●雨水排水ます、マンホールは配管などに泥がつまらないよう深さ15cm以上の泥だめを設ける。
●空気より重いLPガスのガス漏れ警報設備の感知器は、床から30cm以内に設置する。
●水道管及びガス管等と電気配線は接触しないように離して施設する。
●排水トラップの封水深は、50mm以上100mm以下とする。


★ 施工20設備工事
WEB問題開始 二級建築士「学科の試験」合格をめざして!
難易度:★★★
出題数:30問 挑戦者:589人 施工20設備工事
問題数:30問 合格者:37人
合格点:100%以上 正答率:78.2%
成績一覧 正答率一覧


関連コンテンツ
 TOP 成績一覧
Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.