建築遺産ギャラリー
建築史グッズ
旅行関連の商品を探そう!





メルマガ購読・解除
 


御朱印集め|神社めぐり



◆◇◆建築遺産ギャラリー◆◇◆────────────────────

□ご購読ありがとうございます。購読のお申し込みに従いまして貴方のメール
 ボックスにお届けいたします。購読は無料です。
□建築遺産ギャラリーNo.135 4月3日号をお届けいたします。

◆◇◆目次──────────────────────────────

1.ハギア・ソフィア大聖堂
2.西洋建築史
3.Googleカスタム検索
4.配信案内

◆◇◆ハギア・ソフィア大聖堂─────────────────────

☆歴史的な建築物を学習してみよう! 

 今回は世界遺産《ハギア・ソフィア大聖堂》のご紹介です。
 http://www.kentikusi.com/gallery/seiyo/s008.htm

 [所在地] 
 トルコ、イスタンブールにあるビザンティン建築の代表的遺構。
 「イスタンブールの歴史地区」の一部として世界遺産に登録されています。
 ──────────────────────────────────

 ハギア・ソフィア大聖堂は、東ローマ帝国時代(360年)にキリスト教の聖堂
 として建造され、後に焼失しましたが、ユスティニアヌス1世により537年に
 再建されました。

 イスタンブールは、ビザンティン帝国、オスマン帝国の首都として栄えた街
 で、その中でハギア・ソフィア大聖堂は、時代の移り変わりとともに、教会、
 モスクと転用され、20世紀には無宗教の博物館となりました。

 またの名を「聖なる叡智の神殿」と言い、初期ビザンティン様式の先駆けで
 あり、高さ56m、直径31mの巨大なドームをもつバシリカ式聖堂は、当時の
 建築技術からすると、規模、構造ともに奇跡と賞賛されます。

 壁や柱には大理石が多用され、1万人ほどの職人が、わずか5年11ヵ月という
 短期間で完成させた聖堂は、巧みな計算比率で設計され、陽光が豊かに差し
 込む堂内は、「美の伝道」と称えられました。

 モスクに転用されたオスマン帝国時代には、4本のミナレット(尖塔)が建て
 られ、キリスト教の壁画も漆喰で覆われましたが、後の修復作業で素晴らし
 いモザイク画が出現し、ビザンティン宗教美術の最高傑作とされています。

 ハギア・ソフィア大聖堂は、美しいビザンティン美術と、イスラム美術の
 傑作が混ざり合った、イスタンブールの歴史が凝縮されている建物です。

◆◇◆西洋建築史───────────────────────────

☆西洋建築史 様式の年代・代表的な建築物を覚えよう!
 http://www.kentikusi.com/gallery/seiyo/

 バロック建築・ルネサンス建築・ゴシック建築・ロマネスク建築・
 ビザンチン建築など。また、世界遺産に登録されている文化遺産も掲載して
 います。

◆◇◆Googleカスタム検索───────────────────────

 建築遺産ギャラリーの各ページにGoogleカスタム検索ボックスを掲載してい
 ます。いろいろな角度から建築遺産めぐりを楽しむことができます。

 下記ページのGoogleカスタム検索で”ハギア・ソフィア大聖堂”を検索して
 みよう。 http://www.kentikusi.com/gallery/seiyo/s008.htm

◆◇◆配信案内────────────────────────────

□メールマガジン『建築遺産ギャラリー』 since 26.05.2014 
□登録・解除: http://www.mag2.com/m/0001633940.html
□発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
□建築遺産ギャラリー: http://www.kentikusi.com/gallery/  
□次回配信は 4/10

◆◇◆────────────────────────────────



Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.