建築遺産ギャラリー東洋建築史>シュエダゴン・パゴダ


ミャンマーで暮らしてみたい、ロングステイ、旅してみたいと思う人にミャンマーのシュエダゴン・パゴダをご紹介いたします。





東洋建築史
建築物 シュエダゴン・パゴダ
建築年代6〜10世紀頃
所在地 ミャンマー



 


シュエダゴン・パゴダ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

シュエダゴン・パゴダは、ミャンマーのヤンゴン中心部に存在する寺院(パゴダ、パヤー)である。伝説によれば、シュエダゴン・パゴダは約2500年前に建てられたとされている。考古学的研究によれば6〜10世紀の間に建立されたと考えられている。地震によって幾度も破壊されており、現在の仏塔の原型は15世紀ころ成立したと考えられている。









建築旅グッズ
世界遺産の旅を探そう!


東洋建築史

カンボジア
 バンテアイ・スレイ
 アンコール・ワット
 アンコール・トム

タイ王国
 ワット・ドーイステープ
 ワット・アルン
 ワット・プラシーサンペット

ベトナム
 ハノイのタンロン皇城の中心区域
 ホイアンの古い町並み
 フエの建造物群

マレーシア
 オランダ広場
 セント・ポール教会
 クー・コンシー

インドネシア
 ボロブドゥール寺院
 プランバナン寺院
 タマン・アユン寺院

台湾
 龍山寺
 台北城
 総統府

大韓民国
 崇礼門
 宗廟
 景福宮

ミャンマー
 ボーボージー仏塔
 バガン
 シュエダゴン・パゴダ

フィリピン
 ヒガン歴史都市
 サン・アグスチン
 サン・ペドロ要塞

ラオス
 ワット・シェントーン
 タート・ルアン
 ワット・プー
 パトゥーサイ





Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.