建築遺産ギャラリー東洋建築史>タート・ルアン


ラオスで暮らしてみたい、ロングステイ、旅してみたいと思う人にラオスのタート・ルアンをご紹介いたします。





東洋建築史
建築物 タート・ルアン
建築年代16世紀半
所在地 ラオス



 


タート・ルアン

[所在地] ラオスの首都ヴィエンチャンにある、ラオスを代表する仏塔。

タート・ルアンは、16世紀半ば、セタティラート王によって、クメール様式仏塔の廃墟をもとに建立されました。ラオス語で「タート」は塔、「ルアン」は大きいという意味で、ラオス国の象徴とされる存在であり、国章や紙幣にも描かれています。

高さは約45m、ラオス最大の仏塔で、中央に一基の塔がそびえ、その周りを小さな尖塔が整然と美しく並び、全体が黄金に光り輝いています。塔の正面には、セタティラート王の像があり、釈迦の胸骨が納められているとされる仏塔への通路には、古い仏像の一部や、板碑が並べられていて、クメール王朝時代をしのばせます。

隣接する建物は「ワット・タートルアンヌア」という、ラオス仏教界最高位の僧が住む宮殿で、流れるような曲線の屋根と、鮮やかな色彩が目を引く、ラオスらしい美しい建物です。

このタート・ルアンでは、毎年旧暦十二月に「タート・ルアン祭」が盛大に行なわれ、国内外から多くの観光客が押し寄せ、また、ラオス全土の僧侶がこの地を目指して集まり、ヴィエンチャンの町が最も活気に溢れます。








建築旅グッズ
世界遺産の旅を探そう!


東洋建築史

カンボジア
 バンテアイ・スレイ
 アンコール・ワット
 アンコール・トム

タイ王国
 ワット・ドーイステープ
 ワット・アルン
 ワット・プラシーサンペット

ベトナム
 ハノイのタンロン皇城の中心区域
 ホイアンの古い町並み
 フエの建造物群

マレーシア
 オランダ広場
 セント・ポール教会
 クー・コンシー

インドネシア
 ボロブドゥール寺院
 プランバナン寺院
 タマン・アユン寺院

台湾
 龍山寺
 台北城
 総統府

大韓民国
 崇礼門
 宗廟
 景福宮

ミャンマー
 ボーボージー仏塔
 バガン
 シュエダゴン・パゴダ

フィリピン
 ヒガン歴史都市
 サン・アグスチン
 サン・ペドロ要塞

ラオス
 ワット・シェントーン
 タート・ルアン
 ワット・プー
 パトゥーサイ





Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.