建築遺産ギャラリー東洋建築史>ワット・プー


ラオスで暮らしてみたい、ロングステイ、旅してみたいと思う人にラオスのワット・プーをご紹介いたします。





東洋建築史
建築物 ワット・プー
建築年代11世紀頃
所在地 ラオス



 


ワット・プー

ラオス南部のチャンパサック県にある遺跡。「チャンパサック県の文化的景観にあるワット・プーと関連古代遺産群」の名称で世界遺産に登録されています。

チャンパサックには、5世紀頃から栄えた古代都市があり、後にクメール人が進出し、11世紀頃にワット・プーの遺跡などが造られました。

当時のクメール人の宗教であった、ヒンドゥー教をもとにして建てられたワット・プーは、聖なる山として崇められた「カオ山」の中腹にあり、ふもとにあるパライ(大きな聖池)、参道、神殿、本殿と続いています。

アンコール様式で建てられた石造りの本殿は、シヴァ神やヴィシュヌ神のレリーフが施され、入口にはドバラバーラ(守門神)や、デヴァター(女神像)の見事な彫刻が埋め込まれています。

建物は古く、崩れかけたような状態ですが、深い緑におおわれた、大自然の中にひっそりとある遺跡は、太古の昔をしのばせるような、趣きのある風情になっています。

高台の本殿から眺めると、眼下には広大な遺跡が広がり、聖池に写る空や、遠く見えるメコン川など、自然と一体となった空間があり、ヒンドゥー教が示す、神と自然が一体となった世界観が表現された遺跡です。








建築旅グッズ
世界遺産の旅を探そう!


東洋建築史

カンボジア
 バンテアイ・スレイ
 アンコール・ワット
 アンコール・トム

タイ王国
 ワット・ドーイステープ
 ワット・アルン
 ワット・プラシーサンペット

ベトナム
 ハノイのタンロン皇城の中心区域
 ホイアンの古い町並み
 フエの建造物群

マレーシア
 オランダ広場
 セント・ポール教会
 クー・コンシー

インドネシア
 ボロブドゥール寺院
 プランバナン寺院
 タマン・アユン寺院

台湾
 龍山寺
 台北城
 総統府

大韓民国
 崇礼門
 宗廟
 景福宮

ミャンマー
 ボーボージー仏塔
 バガン
 シュエダゴン・パゴダ

フィリピン
 ヒガン歴史都市
 サン・アグスチン
 サン・ペドロ要塞

ラオス
 ワット・シェントーン
 タート・ルアン
 ワット・プー
 パトゥーサイ





Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.