WEB製図講座木造(在来工法)  

基礎 軸組 床組 2階床組 小屋組 耐力壁・通し柱・畳
>> WEB製図講座 木造


軸組 木造在来工法の理解
軸組は、屋根や床などの荷重を支え基礎に伝え、地震や風などの水平力に抵抗する為の骨組みを構成しています。試験においては、下記の断面寸法を基本にしてください。

土台:120×120
柱:120×120
胴差:120×120から120×360 
(部材の大きさについては、床組みの項で解説します。)
けた:120×120から120×330 
(部材の大きさについては、小屋組みの項で解説します。)

また、床組や小屋組の隅角部には火打材を配置し、軸組の変形に抵抗させます。

※ このページの文章、図表等をそのままコピーしてインターネット、印刷物等で公開したり利用することは禁じます。
















建築士SHOP 平行定規・製図用品
建築士BOOKS 基準法・受験書・雑誌
建築士SELLER 大学・専門学校の皆様へ

建築士.comオリジナル製図エスキース用紙

設計製図の試験・実務設計のエスキースや打合せ




<<BACK NEXT>> 


Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.