建築遺産ギャラリー日本建築史>修学院離宮
建築旅グッズ
世界遺産の旅を探そう!


日本建築史
飛鳥・奈良時代
  出雲大社
  伊勢神宮
  住吉大社
  法隆寺金堂
  薬師寺東塔
  法隆寺五重塔
  法起寺三重塔
  唐招提寺金堂
  法隆寺夢殿
  東大寺正倉院
  平城京
平安時代
  室生寺五重塔
  醍醐寺五重塔
  中尊寺金色堂
  紫宸殿
  平等院鳳凰堂
  平安京
鎌倉時代
  東大寺南大門
  石山寺多宝塔
  円覚寺舎利殿
  浄土寺浄土堂
室町時代
  鶴林寺本堂
  鹿苑寺金閣
  慈照寺銀閣 
桃山・江戸時代
  妙喜庵茶室
  安土城
  清水寺本堂
  犬山城
  延暦寺根本中堂
  日光東照宮
  西本願寺書院
  二条城二の丸
  桂離宮
  修学院離宮 
  京都御所
  姫路城
  東大寺大仏殿(再建)


楽天トラベル

泊まってよかった!ホテル・旅館ランキング
いい湯だな 温泉宿予約
プラチナコレクション
高級ホテル・旅館予約
出張ホテル予約





日本建築史
建築物 修学院離宮
時代区分 江戸
所在地 京都府


 


修学院離宮
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


修学院離宮しゅがくいんりきゅう)は京都市左京区の比叡山麓にある宮内庁所管の離宮。17世紀中頃(1653年(承応2年)-1655年(承応4年))に後水尾上皇の指示で造営された。

修学院離宮は上御茶屋(かみのおちゃや)、中御茶屋(なかの−)、下御茶屋(しもの−)と呼び習わす3か所の庭園からなり、面積は54万平方メートルに及ぶ。各御茶屋の間には田畑が広がり、細い松並木道が各御茶屋を結んでいる。上御茶屋と下御茶屋は、後水尾上皇(第108代天皇)の指示により、1655年(明暦元年)から1659年(万治2年)にかけて江戸幕府が造営した離宮である。後水尾上皇は女中に変装して輿に乗り、造営中の離宮を自ら訪れて造営の指図をしたというが、真偽のほどは定かでない。
上・下御茶屋は1884年(明治17年)、宮内省の所管となった。一方、中御茶屋は、同じ頃後水尾上皇の皇女の御所として造営されたもので、1885年(明治18年)に修学院離宮に編入された。修学院離宮は、第二次大戦後は、京都御所、桂離宮などと同様、「皇室用財産」(所有者は国)と位置づけられて、宮内庁が管理している。見学には、事前に宮内庁京都事務所に申し込んで許可を得る必要がある。









Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.