建築遺産ギャラリー近代建築史>バルセロナ・パヴィリオン
建築旅グッズ
世界遺産の旅を探そう!


近代建築史

フランク・ロイド・ライト
 旧帝国ホテル
 ロビー邸
 落水荘(カウフマン邸)
 第2ジェイコブス邸
 ウィリッツ邸
 ユニティ教会
 タリアセン
 グッゲンハイム美術館
 ジョンソンワックス社
ル・コルビジェ
 サヴォア邸
 ロンシャン教会
 ユニテ・ダビタシオン
 国立西洋美術館
ミース・ファン・デル・ローエ
 ファンスワース邸
 クラウンホール
 バルセロナ・パヴィリオン
アントニ・ガウディ
 サグラダ・ファミリア
 カサ・バトリョ
 カサ・ミラ
ヴァルター・グロピウス
 バウハウス
アルヴァ・アールト
 マイレア邸
ギュスターヴ・エッフェル
 エッフェル塔
ジョサイア・コンドル
 鹿鳴館
辰野金吾
 日本銀行
 東京駅
 武雄温泉新館・楼門
片山東熊
 東宮御所
 奈良国立博物館
伊東忠太
 震災記念堂
 築地本願寺
 祇園閣(大雲院)


楽天トラベル たびノート






近代建築史
建築物名 バルセロナ・パヴィリオン

設計者 ミース・ファン・デル・ローエ

所在地 スペイン・バルセロナ
1929年(1986年復元)


 


ミース・ファン・デル・ローエ
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

バルセロナ・パヴィリオン
1929年のバルセロナ万国博覧会で建設されたドイツ館、バルセロナ・パヴィリオンは、鉄とガラスで構成され、大理石の壁を配したもの。モダニズムの空間を実現したものとして、建築史上有名。なお、同館のために、ミースがデザインしたバルセロナ・チェアも、モダンデザインの傑作として知られる。パヴィリオンは、博覧会終了後に取り壊されたが、1986年に同じ場所に復元され、「ミース・ファン・デル・ローエ記念館」となっている。

ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエLudwig Mies van der Rohe、1886年5月27日アーヘン - 1969年8月17日シカゴ)は20世紀のモダニズム建築を代表するドイツの建築家。近代建築の四大巨匠(ル・コルビュジエ、フランク・ロイド・ライト、ヴァルター・グロピウスと共に)の1人。"Less is more."(無駄な部分を削ぎ落としたデザインが、より豊かなデザインである)という標語で知られ、インターナショナル・スタイルの成立に貢献した建築家である。自由な間取りのユニヴァーサル・スペースという概念を提示した。








Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.