建築遺産ギャラリー近代建築史>マイレア邸
建築旅グッズ
世界遺産の旅を探そう!


近代建築史

フランク・ロイド・ライト
 旧帝国ホテル
 ロビー邸
 落水荘(カウフマン邸)
 第2ジェイコブス邸
 ウィリッツ邸
 ユニティ教会
 タリアセン
 グッゲンハイム美術館
 ジョンソンワックス社
ル・コルビジェ
 サヴォア邸
 ロンシャン教会
 ユニテ・ダビタシオン
 国立西洋美術館
ミース・ファン・デル・ローエ
 ファンスワース邸
 クラウンホール
 バルセロナ・パヴィリオン
アントニ・ガウディ
 サグラダ・ファミリア
 カサ・バトリョ
 カサ・ミラ
ヴァルター・グロピウス
 バウハウス
アルヴァ・アールト
 マイレア邸
ギュスターヴ・エッフェル
 エッフェル塔
ジョサイア・コンドル
 鹿鳴館
辰野金吾
 日本銀行
 東京駅
 武雄温泉新館・楼門
片山東熊
 東宮御所
 奈良国立博物館
伊東忠太
 震災記念堂
 築地本願寺
 祇園閣(大雲院)


楽天トラベル たびノート





近代建築史
建築物名 マイレア邸
設計者 アルヴァ・アールト
所在地 フィンランド・ノールマック
1938年



 


アルヴァ・アールト
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アルヴァ・アールトAlvar Aalto, 1898年2月3日−1976年5月11日)は、フィンランドを代表する建築家、デザイナー。パリやニューヨークの博覧会に作品を出展し世界的な名声を得る。その後、1945年から49年までマサチューセッツ工科大学、1963年から68年までAcademy of Finland で教鞭をとる。

彼はスカンジナビアの モダニスト・デザイナーであり、モダニズムに対する人間的なアプローチで知られた。

スウェーデンのグンナール・アスプルンドと並んで、スカンジナビアの近代建築家としてもっとも影響力があった一人であり、CIAM en:Congres Internationaux d'Architecture Moderneのメンバーでもあった。

アールトの活動は、家具やガラス食器のデザインから建築や絵画までと多岐に渡る。 主な作品には、ヘルシンキのフィンランディア・ホール、ヘルシンキ工科大学のキャンパスなどがある。アールトのガラス器には、1937年のパリ博覧会に出品して世界的に有名になった アールトの花瓶もある。









Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.