建築遺産ギャラリー近代建築史>築地本願寺
建築旅グッズ
世界遺産の旅を探そう!


近代建築史

フランク・ロイド・ライト
 旧帝国ホテル
 ロビー邸
 落水荘(カウフマン邸)
 第2ジェイコブス邸
 ウィリッツ邸
 ユニティ教会
 タリアセン
 グッゲンハイム美術館
 ジョンソンワックス社
ル・コルビジェ
 サヴォア邸
 ロンシャン教会
 ユニテ・ダビタシオン
 国立西洋美術館
ミース・ファン・デル・ローエ
 ファンスワース邸
 クラウンホール
 バルセロナ・パヴィリオン
アントニ・ガウディ
 サグラダ・ファミリア
 カサ・バトリョ
 カサ・ミラ
ヴァルター・グロピウス
 バウハウス
アルヴァ・アールト
 マイレア邸
ギュスターヴ・エッフェル
 エッフェル塔
ジョサイア・コンドル
 鹿鳴館
辰野金吾
 日本銀行
 東京駅
 武雄温泉新館・楼門
片山東熊
 東宮御所
 奈良国立博物館
伊東忠太
 震災記念堂
 築地本願寺
 祇園閣(大雲院)


楽天トラベル たびノート





近代建築史
建築物名 築地本願寺

設計者 伊東忠太

所在地 東京都
竣 工/1934年



 


[所在地]
東京都中央区築地三丁目にある、浄土真宗本願寺派の寺院。

[築地本願寺]
築地本願寺は、火災による再建を繰り返し、1934年、日本の「建築史学」の第一人者とされる、『伊東忠太』の設計で完成しました。

創建時は、浄土真宗本願寺派の各地にある、「築地別院」として建立されましたが、2012年に「築地本願寺」の名称に改められ、京都の西本願寺の唯一直轄寺院となりました。

本堂の外観は、「古代インド様式」をモチーフにしたデザインで、正面には神殿風の円柱が並び、それに続く大階段、ドーム型の屋根には蓮の花が彫刻され、日本の寺院とは思えない大胆さです。

また、スフィンクスのような羽の生えた獅子や、猿や象など、様々な動物の彫刻像があり、幻獣装飾で有名だった伊東忠太の作り出す、エキゾチックな世界観がよく表れています。

また、内部にはステンドグラスや、ドイツ製の巨大なパイプオルガンなどがあり、月に一度、パイプオルガンによるコンサートも行なわれています。

一見、日本の寺院とはかけ離れた建物ですが、内部の造りは浄土真宗の様式になっていて、インド、イスラム、西洋、日本の建築様式を組み合わせた、独自のスタイルとして、伊東忠太の代表作となっています。










Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.