建築遺産ギャラリー近代建築史>国立西洋美術館
建築旅グッズ
世界遺産の旅を探そう!


近代建築史

フランク・ロイド・ライト
 旧帝国ホテル
 ロビー邸
 落水荘(カウフマン邸)
 第2ジェイコブス邸
 ウィリッツ邸
 ユニティ教会
 タリアセン
 グッゲンハイム美術館
 ジョンソンワックス社
ル・コルビジェ
 サヴォア邸
 ロンシャン教会
 ユニテ・ダビタシオン
 国立西洋美術館
ミース・ファン・デル・ローエ
 ファンスワース邸
 クラウンホール
 バルセロナ・パヴィリオン
アントニ・ガウディ
 サグラダ・ファミリア
 カサ・バトリョ
 カサ・ミラ
ヴァルター・グロピウス
 バウハウス
アルヴァ・アールト
 マイレア邸
ギュスターヴ・エッフェル
 エッフェル塔
ジョサイア・コンドル
 鹿鳴館
辰野金吾
 日本銀行
 東京駅
 武雄温泉新館・楼門
片山東熊
 東宮御所
 奈良国立博物館
伊東忠太
 震災記念堂
 築地本願寺
 祇園閣(大雲院)


楽天トラベル たびノート





近代建築史
建築物名 国立西洋美術館

設計者 ル・コルビジェ

所在地 東京都
竣 工/1959年



 


[所在地]
東京都台東区の上野公園内にある、西洋の美術作品を専門とする美術館。「ル・コルビュジエの建築作品‐近代建築運動への顕著な貢献」の名称で、世界遺産に登録されています。 

[国立西洋美術館]
20世紀を代表するスイス人建築家『ル・コルビュジエ』が設計し、1959年に竣工しました。ル・コルビュジエは、フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエと共に「近代建築の三大巨匠」と呼ばれています。

国立西洋美術館は、ル・コルビュジエが追求した「無限成長美術館」という「必要に応じて増築し、展示スペースを無限に増やせる美術館」を実現したもので、彼の設計による日本で唯一の建築物です。

1階部分はピロティになっていて、正面入口から吹抜けのある「19世紀ホール」というメインホールに続き、スロープによって2階の展示スペースへと移動するという構造です。

見通しのよい展示空間は、バルコニーや高さの違う天井、自然光を取り入れた照明ギャラリーなどによって、空間の広がりや変化を楽しむ工夫がされています。

また、ル・コルビュジエが考案した「モデュロール」という、人体の寸法と黄金比を組み合わせた建築の基準寸法が、建物すべての部分に使われていて、前庭の石畳や外壁のパネルなども、この寸法がもとになっています。
 
国立西洋美術館は、日本の近代建築運動に大きく貢献したことが評価され、ル・コルビュジエの17作品の一つとして、2016年7月に世界文化遺産に登録されました。

東京都では初めての世界遺産、日本の戦後の建築物では初の登録で、また、国境をまたいだ世界遺産としても日本初、そして、大陸をまたいだ世界遺産としては、世界初の登録となっています。









Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.