建築遺産ギャラリー近代建築史>カサ・バトリョ
建築旅グッズ
世界遺産の旅を探そう!


近代建築史

フランク・ロイド・ライト
 旧帝国ホテル
 ロビー邸
 落水荘(カウフマン邸)
 第2ジェイコブス邸
 ウィリッツ邸
 ユニティ教会
 タリアセン
 グッゲンハイム美術館
 ジョンソンワックス社
ル・コルビジェ
 サヴォア邸
 ロンシャン教会
 ユニテ・ダビタシオン
 国立西洋美術館
ミース・ファン・デル・ローエ
 ファンスワース邸
 クラウンホール
 バルセロナ・パヴィリオン
アントニ・ガウディ
 サグラダ・ファミリア
 カサ・バトリョ
 カサ・ミラ
ヴァルター・グロピウス
 バウハウス
アルヴァ・アールト
 マイレア邸
ギュスターヴ・エッフェル
 エッフェル塔
ジョサイア・コンドル
 鹿鳴館
辰野金吾
 日本銀行
 東京駅
 武雄温泉新館・楼門
片山東熊
 東宮御所
 奈良国立博物館
伊東忠太
 震災記念堂
 築地本願寺
 祇園閣(大雲院)


楽天トラベル たびノート







近代建築史
建築物名 カサ・バトリョ

設計者 アントニ・ガウディ

所在地 スペイン バルセロナ
竣工/1906



 


アントニ・ガウディ
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アントニ・ガウディAntoni Gaudi i Cornet レウス - 1852年6月25日 バルセロナ - 1926年6月10日)は、スペインのカタルーニャ地方出身の建築家。

日本ではアントニオ・ガウディと呼ばれることが多いが、これはスペイン語(カスティーリャ語)式の名前で、カタルーニャ語ではアントニとなる。あまり裕福でなかった彼は、26才のとき、パリ博覧会に出品した手袋屋のショーケースが富豪、エウセビオ・グエルの目に留まり、グエルの依頼で多数の設計を行った。これによりガウディはモデルニスモの代表的建築家として名が高まった。1883年にはサグラダ・ファミリア(聖家族教会)の設計引継の依頼を受けた。この過程で彼は信仰に目覚め始め、1914年以降は他の仕事を断って、サグラダ・ファミリアの設計をライフワークとした。しかし、1926年教会にミサに向かう途中、路面電車に轢かれた。晩年身なりに気をつかわなかったため、貧民の為の病院に運ばれ、それで手当てが遅れたために、三日後に息を引き取ったと言われている。同教会は未完成で、現在も工事が続けられている。









Copyright(c) kentikusi.com All rights reserved.